お客様の満足度100%に限りなく近づけるよう、
努力していきます。

製造工程

名古屋製綱は、繊維ロープメーカーです。
長年の経験で培った技術があります。

撚糸工程

原糸をより合わせて撚糸をつくります。
できた撚糸をヤーンと呼びます。

リング撚糸機(写真)

一度に、何十錘も同時進行させ、大きな生産性を可能とします。
目的に合わせて、素材、撚る方向を替え、撚り回数、太さを調整します。

フライヤー撚糸機

一般的には、2錘または4錘が一体化した機械です。
生産性はやや劣りますが、撚る力が強い為、太い繊維の束を撚ることが可能です。

ストランド工程

ヤーンをより合わせてロープのもとになるストランドをつくります。

撚り回数を変えることによって、ロープの硬さを調整することができます。
また、芯材を異種素材にすることによって、風合を変えることができます。

ロープ工程

ストランドを更によりあわせてロープを作ります。

ストランドを3本同時に掛けて、撚り合わせていきます。
ここでも、撚り回数を変えることによって、ロープの硬さを調整することができます。
3本のストランドが均一に交わる様に、職人の腕が試される工程です。

最新鋭機械

ストランド工程⇒ロープ工程を一台でこなします。高速で運転できますので、生産性が高いのが特徴です。
機械のほとんどの部分がパネルで格納されていますので、安全性が非常に高く、万一の事故も起きにくい環境となっています。

PageTop